お茶は和みのひととき

空前のお茶ブーム!?

最近コンビニエンスストアなどへ行くと
ドリンクコーナーの一角をお茶類で
占められているのを目にすることと思います。

しかも、緑茶や紅茶、ウーロン茶ばかりでなく
ウコン茶だのハトムギ茶だの果ては聞いたこ
ともないような○○茶と、実に様々な種類があります。

厳密には茶葉以外から抽出される健康茶の類は
“お茶”とはいえません。

しかし○○茶のネーミングの元、
昨今の“お茶”ブームの一翼を担っている事実には
変わりはないでしょう。

あなたも某かの健康茶を飲んだ記憶、、ありますよね?

スポンサードリンク

お茶の種類

お茶は日本だけでなく、世界中で栽培され飲まれています。
お茶の種類には、緑茶、紅茶、中国茶、漢方茶など、いろいろあります。
お茶は製造方法によって発酵茶、不発酵茶、半発酵茶の3つに大別することができます。
茶の葉を発酵させる「発酵茶」の代表は紅茶です。
完全発酵させるため茶の葉のカテキンやビタミンCは失われてしまいます。
茶の葉を発酵させない「不発酵茶」の代表は日本の緑茶(煎茶、玉露、番茶、ほうじ茶、玄米茶等)です。
茶葉の成分を生かす製法で作られます。
加熱に蒸気を使う“蒸し製”(日本式)と、釜で炒る“釜炒り製”(中国式)も不発酵茶の一種です。
茶の葉を蒸した後に発酵させる「半発酵茶」の代表はウーロン茶、プーアル茶、黒茶です。
もちろん味も効能も種類により様々です。

茶道

日本独自の生活文化である茶の道の芸術、それが茶道です。
茶道は茶の湯とも言われ、亭主と客人が集まって行う茶会を中心にしたホスト精神の極みです。
現代日本での最高のもてなし料理とされる懐石料理や、茶菓子も、もとは茶会の席で出される料理やお菓子でした。
茶道は作法や約束事が細かく、とかく堅苦しく見られがちです。
単に茶を入れて飲むのではなく、さまざまな作法やルールにしたがって亭主と客人が風情ある交流を楽しむものです。
茶道の様式は千利休により「侘茶」として完成され、表千家・裏千家等の数多くの流派に分かれて現在に至っています。
日本文化は様式や精神面等において茶道の影響をとても大きく受け、ともに発達してきたのです。

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方をご紹介しましょう。
まずは水選びからです。
日本茶の場合は軟水で入れるのがベストです。
ミネラル・ウォーターを使うときは富士の○○水とか南アルプスの○○水など国産物が軟水です。
水道水を使う場合には浄水器を通した水を沸騰させてカルキ抜きをしておきます。
中国茶の場合は硬水で入れるのがベストです。
ミネラル・ウォーターではエビアンやヴォルビックなどブランド物はほとんどが硬水です。
逆に日本国内では水道水はすべて軟水ですので、中国茶を沸かすには不向きです。
美味しいお茶の入れ方のポイントは「お湯の温度」にあります。
煎茶の場合80度〜90度、高級茶の場合は70度程度の低温で入れると良いでしょう。
ウーロン茶の場合は100度ないしは沸騰させた湯で入れます。



お茶の効果

お茶の効果で最近話題になっているのがデトックス(解毒)効果です。
また発ガン作用の抑制に効果があると言われています。
これらは茶に含まれるカテキン成分の効用といわれています。
他にも身近なところでは、フラノボイドによる口臭予防と、フッ素による虫歯予防、ビタミンEによる老化防止作用があります。
このようにお茶はさまざまな病気予防に効果のある総合的健康飲料です。
茶の効用を活用して健康な体を維持しましょう。